オンライントラストマークとエスクロー・サービス

マークをクリックして、行使できる権利を確認しましょう

オンライン事業者の中には、一定の最低基準を満たしていることを認証する「シール」プログラムや「トラストマーク」プログラムに加入しているところもあります。この種の「シール」または「トラストマーク」をクリックすると、詳しい情報が得られます。「シール」または「トラストマーク」をクリックすると、そのプログラムが返金保証や紛争解決のためのサービスを含んでいるかどうか等を確認できることがあります。

確認すべきサービス等

  • 保証付きのトラストシールのプログラム
    一部のトラストシール・プログラムの提供者では、商品やサービスが得られない場合に返金を受けられる保証プログラムを提供しています。それゆえ、事業者との間で問題を解決できない場合、事業者が加盟するプログラムの主催者に直接連絡して、返金保証を利用できるか否か確認します。
  • ADR(裁判外紛争解決)サービス
    ADR(裁判外紛争解決)サービスを提供しているトラストシール・プログラムの主催者も一部にあります。この場合、事業者との間で問題を解決できない場合、第三者の力を借りて問題を解決できることがあります。仮に事業者側がADRへの参加を拒否した場合、トラストマークの認定が取り消されることもあります。
  • その他の保護措置
    トラストマーク・プログラムの消費者保護措置については、日々充実の度合いを増しています。忘れずにマークをクリックするかプログラムの管理者に連絡を取って、最新のトラブル解決方法を確認するよう心がけて下さい。

エスクロー・サービス − 納得できるまで支払いを保留する

事業者によっては、注文した商品やサービスを得るまで第三者が(場合によって有料で)代金を預かってくれるエスクロー・サービスを提供しているところがあります。こうしたサービスを利用できる場合、購入内容について納得できるまで支払を保留できるため、その利用を検討することが得策です。

エスクロー・サービスやオンライン決済サービスについて不明な点がある場合、(事業者やオークション主催者が利用を推奨している場合であっても)、以下のヒントを参考にして、サービス内容が妥当なものであるか否かを確認してください。

  • サービスの契約条件を読むこと
    • 売り手側が販売について責任を果たさない場合、買い手側が救済を受けられるようになっていますか?
    • 買い手側が商品に納得していない場合、売り手側が預けられた代金を得られない仕組みになっていますか?
    • クレジットカードによる返金や取引取消請求の経費については、誰が負担することになっていますか? オンライン決済サービスにおいて売り手側からこの種の経費を回収できない場合、クレジットカードや銀行口座の情報を使って、こうした経費を消費者側で負担するよう求められることがあります。(専門家の間では、使途をオンライン取引に限定した1つのクレジットカード、プリペイドカードや銀行口座を用意することを検討した方が得策との意見も見られます。)
  • サービスにおける個人情報の取扱いやセキュリティ確保策を確認すること
    金融情報や個人情報を保護する措置が設けられていない場合、そのサービスを使わないようにしましょう。情報を収集する理由や情報の使途、また、情報の保護方法について確認しておきましょう。
  • オンライン決済サービスやエスクロー・サービスのウェブサイトを確認すること
    例えば、誤字があるサイトや、政府との提携関係を売りにしているサイトなど、ホームページの質が低いと思われるサイトは、疑わしいサイトです。
  • お客様相談口の電話にかけてみること
    お客様相談口の電話番号がない場合や、電話してもつながらない場合、そのサービスを使わないようにしましょう。
  • オンライン・エスクロー・サービスの手続方法を確認しておくこと
    自社側の口座で処理せずに、オンライン決裁サービス用の口座開設を利用者側に要求するサイトは避けましょう。

もし、エスクロー・サービスや決済サービスが不当ではないかと懸念されているのであれば、苦情を報告してください。

horizontalLine